2010年08月07日

日本人口減少、7万人以上へっちゃった

人口ってどうやって出しているんでしょう。

人口が7万人も減るなんて想像しにくい事だと思いました。
私の周りには子どもがたくさんいる人が多いし、
亡くなる人もあまり聞かないからです。

それだけ高齢化の中で生活をしていないということにもなりますが、
余計に少子高齢化を実感できない危機感を持たないといけないとも思います。
特にこの問題は地域で格差が大きい為、
高齢者の多い田舎には益々若者が寄り付かないなんて現象も
起こりうると思います。

死亡者数は過去最多の114万6105人で、
出生者数が2年連続減少の107万3081人と過去に2番目の
低い水準に留まったそうです。

人口とは別に掃除機ランキングもへっています。


7月31日、総務省は住民基本台帳に基づく全国の人口を
発表したそうです。

日本の総人口は1億2705万7860人で、
前年より1万8323人少なくなっている事がわかりました。
これは少子高齢化が進む中、死亡者数が出生者数を7万3024人
上回り、3年ぶりに人口の減少に転じる結果となったようです。

システムトレードFX


私たちが高齢になる頃、働き盛りの年代が極端に少ない・・となると、
老後の生活は年金をあてにできない事になります。
その危機感を持っている人は自分で貯蓄の計画を着実に進めているでしょうが、
子育て世代には老後に回すお金の余裕などありません。
切実な問題として恐怖心さえ感じました。


3年ぶり人口減少 22年調査 自然減は7万人超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100801-00000088-san-soci

参考:マルコ

はっきりいって、高齢者行方不明を見るともっと少なそう。
posted by hatuen at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。