2010年01月26日

イオンが葬儀産業に参戦!

安いがイメージのイオンはさすがですね。

ほとんどの人が一度は手配する側に回ることのあるものなのですが
、急を要するものだけにその料金の不明朗な部分に
クレームをつける人が少ないのが現状です。

そういえば、イオンって電子タバコをおいていませんよね。

そんな中大手流通のイオンが葬儀ビジネスに参入し、
それに合わせる形で明朗化した料金体系を導入したところ、
利用者が順調に増えているといいます。

参考:電子タバコ

平成21年の9月からイオンの定めたサービスの提供に
同意した葬儀業者と連携しイオンが利用者からの依頼を受け、
業者を紹介する新事業をスタートさせていました。
宣伝を大がかりにすることもなく事業を継続してきましたが、
現在までの間に2000件を超える問い合わせや依頼があるそうです。

葬儀料金、透明化の動き イオンが手応え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000544-san-bus_all

どの部分にどれだけの費用がかかっているのかが
ハッキリわかることは利用者の節約志向に合ったサービスといえますし、
今後需要が増えていくのは安易に想像できます。

また、地方にジェルマットがあるとかなり便利ですからね。

私が葬儀を依頼する場合で考えても、
料金が透明化されているところに依頼するでしょうし、
そういう点でもイオンの葬儀事業は
これから伸びていく事業になると思います。

私なら、これからはイオンだと思いました。

posted by hatuen at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。