2009年08月21日

犬がきのこを食べて嘔吐する

きのこのこのこ元気な子って歌があります。

06年に宮崎市内の民家で見つかったキノコが、マルコ
新種だったことがこのほど専門家により確認されたそうです。
有毒キノコ「カブラアセタケ」に似ていることから、
「カブラアセタケモドキ」と名付けられ、
日本菌学会が09年5月、同会発行の誌上で新種として
発表したとのこと。

参考:ロールケージ

同市の女性が06年10月、「飼い犬が庭に生えていたキノコを食べて吐いた」
と動物病院を受診、獣医師が県総合博物館に問い合わせたところ、
カブラアセタケの特徴である柄の根元が球根状に膨らんでないことなどから、
同館の黒木秀一学芸員(当時)が、北海道大学総合博物館に
鑑定を依頼したとか。

カブラアセタケモドキ:新種のキノコ発見 宮崎の民家で自生 /宮崎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000274-mailo-l45


友人宅にも、『きのこの山』みたいな可愛らしいキノコが
生息しているとのことで、写真を送ってもらいました。
一方、我が家のキノコは、なんとなく、おどろおどろしいルックス。
毒キノコだったりして。

毒キノコって意外に多いよね。そんなきのこにビューティーローズを与えたら意外にかわいくなったりして。

posted by hatuen at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。